穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

長いスパンでみると少しは心が救われる

長いスパンでみると少しは心が救われる

日記というほどではないけれど、気づいたこと、感じたこと、心に響いたことなんかをノートにメモしています。ワタクシは忘れっぽいのです。「いいなぁ」って思ったことも、午後には忘れているのです。「なんだっけ?あの、いいなぁって思ったこと・・・」という感じ。「いいなぁ」って思った感覚は思い出せるのですが、内容はすっかり忘れています。というわけで、日々ノートにメモをしています。そんなノートを見返して思ったことをご紹介します。

今、笑えていますか?

少し前の記事で「今、何か調子がでないとき」という内容を書きました。そういうときもあります。それでもワタクシは以前より心も緩まり、穏やかな笑顔で生活できています。みなさんいかがでしょう。今、笑えていますかね?

simpleheart.hatenablog.com

生きてる価値が見いだせない

鈴木奈々さんの元カレがパラパラ好きで「生きてる価値が見出せない」といきなり踊りだしたというエピソードに爆笑したワタクシですが、実際似たような感覚を味わったこともあるんですよね。

長いスパンでみると少しは心が救われる
※画像はこちらから拝借しました。【鈴木奈々】「生きてる価値が見出せない」くんだにくんだり

 

「あ~ぁ、何だか生きてる意味がわかんなくなっちゃったなぁ~。もういいかなぁ。」って。当時のワタクシにとっては大きな出来事で、人生のどん底という感覚。悲劇のヒーローぶってる訳じゃないんだけど、ほんと無気力で、何をやっても浮いてこないっていう感じでした。

長いスパンで考えてみる

そんなワタクシも、その出来事から5年経った今、めっちゃ笑ってます。むしろどん底を味わう前より、心も軽く楽しく生きています。

今でもありますけど、目の前で起きている事に対して不安になることはあるんです。それを何とか解決しようとします。解決できないかもしれない。どうしたらいいんだろう?なんて不安になったりします。でもね、これまで生きてきた中で5年10年も悩み続けたことって、ほとんどないんですよね。

よく「時間が解決する」なんて表現がされることがありますが、これ、1つの真理のような気がします。そのときはどん底ですよ。生きてる価値が見出せないぐらい落ち込みますよ。笑うなんてとんでもない。そんな精神状態になります。でも、数年後に振返ってみると笑って話せるエピソードになってる。しかも、できれば味わいたくなかった経験だったけど、そのどん底を味わったからこそ分かったこと、得られたモノがあるっていう場合もあるんですよね。今のワタクシはまさにそう。

これからも、目の前の事がツラい、不安で仕方ない、心配事が尽きない、なんて場面に遭遇すると思います。今、直面している目の前の壁、乗り越えてもいいし、壁伝いに歩いてみるのもいいし、穴掘って抜けてもいいし、引き返してもいいと思います。どんな対応をしてもそのときの自分のベストな選択。そして、長いスパンで見てみれば笑い話になるし、それを経験して初めて得られるモノもきっとある、って思えたら、少しは心も軽くなるんじゃないかなってワタクシは思っています。だから、あんまり悩まずに、そのときそのとき頑張ればいいのかもなぁ。

広告を非表示にする