穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

心が荒まない倹約

心が荒まない倹約

ワタクシ自身の主観ですが、基本的に日常生活では倹約しているんじゃないかなぁと思います。ただ、自分が苦しくない程度にです。大学時代の知り合いで変わった人がいたことを思い出しました。

食べたいものを食べない

学生時代、親に仕送りしてもらっていたので、贅沢は言えないのですが、その光景を見たときは衝撃的でした。

コンビニに一緒に買い物に行った時の事。二人ともおにぎりが食べたいということになりました。コンビニのおにぎりって具の種類も豊富ですよね。私の隣でその知人がボソリと単独会議。「たらこが食べたいなぁ。でもなぁ。おかかより30円も高いのかぁ。でも、たらこ食べたいなぁ。」と言いながら、選んだのは結局おかか。その姿に衝撃を受けました。

贅沢する訳ではないけど、心は荒みたくない

その知人、一事が万事そういう感じでした。本当にお金がなかったのかもしれませんし、食に頓着がなかったのかもしれません。でも30円を払いたくないから、本当に食べたいたらこを食べない。その光景を見たとき「ワタクシはこうはなりたくないっ!」って思ってしまいました。

毎日贅沢をするつもりは毛頭ありませんが、本当に食べたいもの、やりたいことを我慢して、後悔を引きずるのは寂しいな。と感じてしまったのです。

だからこそ日頃は倹約

不要なものは買わない。質素でシンプルな食事も大好きです。その分、例えば旅行に行ったときはご当地のものを楽しむ。やってみたいことを経験する。たま~に外食して、仲間と楽しい時間を満喫する。そういう事にお金を使いたいなと思っています。

せっかくの旅行なのに、お金を気にして、本当にやりたいことができないっていうのはワタクシとしては悲しい気持ちになります。もちろんバランスは考えますけどね。

個人的には倹約はとてもいいことだと思います。でも本当にやりたいことまで我慢するのは心が荒んでしまうような気がします。本当にやりたいことのために我慢(倹約)するっていうのはいいかもしれませんね。価値観も人それぞれ、あの知人もきっと、おかかとたらこの葛藤は倹約の1つだったんだろうなぁ。と思います。このまま良いバランスで生きていきたいと思っています。

広告を非表示にする