穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

一階に住んで良かったこと、悪かったこと

一階に住んで良かったこと、悪かったこと

人生で9回引っ越しを経験してきました。初めて一階に住むことになったんですが、色々と気付かされることがありました。それまでは絶対二階以上を条件に物件を選んでいたのですが、今回はこれだっ!と思った物件が一階しか空いてなかったんですよね。さてさて、実際に住んでわかったことがあります。

一階に住んで良かったこと

いちばん大きいのは、階段を上らなくていいこと。当たり前なんですけどね。今はロードバイクっていう種類の自転車に乗っているんですが、外に置いておくと盗まれたり、錆びて痛むので、部屋の中で保管してるんですよね。だから外に出るとき、部屋に帰るときが非常に楽。自転車を担いで階段を上らなくていいんです。

あとは下階がないので、多少ドンドン音を出しても大丈夫だということ。歩く際の足音や生活音は恐らくうるさい方ではないですけど、下階を意識しなくて済むのはそれはそれで気が楽です。

あと、自転車の洗車も楽ですね。バケツに水を入れて往復するとき、楽です。一階なので、窓開けて、音楽を流しながら洗車できます。これは楽しい時間ですなぁ。

一階に住んで悪かったこと

夏暑い。地面からの照り返しでしょうか。めっちゃ暑いです。今までクーラーなしで何とかやってきたのに、2年前、死がチラついたため、ついに買ってしまいました。

冬寒い。底冷えというのでしょうか。めっちゃ寒いです。人生で初めて、部屋の中で霜焼けになるというまさかの経験をしました。

カーテンが開けられない。通行人から部屋が見えるんですよね。見えるとは思っていましたけど、実際、こんなに気になるものだとは思いませんでした。いや、実際には見てないんだと思うんですけど、見られてる気がするんですよ。見られてなくても、誰かが通るのがわかるので、嫌なんですよ。だからカーテンを閉め切るか、通行人に見られても恥ずかしくない部屋を保ち、見られても恥ずかしくない生活をするか。いやぁ、見られているって想像以上にストレスなんですねぇ。

窓を開けっぱなしにできない。これは二階でも同じかもしれませんが、今の季節、窓を開けっぱなしにして寝られないんですよね。まぁ、開けて寝てもいいんですけど、目覚めたときに枕元に知らない人が立ってたら怖いじゃないですか?目覚めたときに、部屋から何もかもなくなってたら怖いじゃないですか?一階ってそれぐらい簡単にはいれちゃうんですよね。寝てる間だったら、こそっと入って、こそっと出ていかれても気付かないですよ。

ヤツの出現率が高い気がする。茶色いヤツです。部屋はそこそこ綺麗に保っているつもりなんですけどねぇ。これは完全に主観ですが、なんか今まで住んでいたところにくらべて発生率が高い気がするんですよねぇ。。。そう、ゴキブリです。虫の通り道だったりするんでしょうか。結構困ってます。排水溝とか塞いでるんですけどねぇ。。。

次回引っ越す際は

二階以上に住みたいです。一階に住んでて気分を害された方、すいません。やっぱり周りから見られる感じ、窓を開け放てない閉塞感、地面による暑さ、寒さ。住んでみて初めて分かることってあるんですね。引っ越し代、敷金・礼金を考えると、わざわざ引っ越し直すというほどではないんですけど、次回は二階以上に住もうと思います。

賃貸だけでなく、戸建てにお住まいの方は一階の良さ、悪さも経験されていると思うんですけど、こんな良い所があるよ。っていうのがあったら、ぜひ教えてください。

広告を非表示にする