穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

買ってよかった家電の1つ「除湿機」

買ってよかった家電の1つ「除湿機」

梅雨ですね。雨が多いですね。ジメジメでただでさえ不快なのに、洗濯物を外に干せなかったり、カビが生えたりするのもイヤですよね。ワタクシの家では除湿機が大活躍してくれています。本当に買ってよかった家電の1つです。

それなりに考えて買うようになった

社会人になりたての頃、何かと物入りだし、お給料も頂けるようになって気分が浮ついていたのか、よく考えもせずに家電をバンバン買ってしまっていた気がします。現在も使い続けている家電としては、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、パソコン。処分した家電としては、テレビ、アイロンが適当に買ってしまった家電ですね。

その後、数年経って冷静になってから追加購入した家電としては、空気清浄器、除湿機、パソコン(買直し)です。この3つは本当に大活躍してくれました。空気清浄器は、花粉症が治ったのをきっかけに知人に譲り渡しましたが、除湿機は現役です。今もガンガン吸湿してくれています。やっぱり必要性を判断して、調査してから買う家電は満足度が高いですね。

除湿機の2つの方式

除湿機を買うに当たり、調べて分かったこと。それは吸湿方法が主に2種類あることです。「へぇ~」って、こういう知らなかった事を知るのが、すごく楽しいですね。

(1)コンプレッサー方式

空気を冷やして水分を取り除く方法です。冷たい水が入ったコップに水滴が付きますよね。あの原理です。仕組みとしてはコンプレッサーで圧縮した冷媒(コップの話で言う水)を循環させて、空気中の水蒸気を冷やして水滴にして取り除くという方法です。

【メリット】
 ・高気温時の除湿力が高い。(梅雨~夏がベスト)
 ・消費電力が小さい。(デシカント方式の30~50%)
 ・室温上昇が少ない。

【デメリット】
 ・低気温時の除湿力は高くない。
 ・コンプレッサーがあるため、音・振動が大きい。
 ・コンプレッサーがあるため、本体サイズが大きく、重め。

(2)デシカント方式

除湿剤と似ています。吸水性の高い乾燥剤(ゼオライト)で水分を吸着させます。それをヒーターで温めて蒸発・冷やして水滴に戻してタンクにためるという方法です。

【メリット】
 ・低温時でも除湿できる。(1年中使える)
 ・コンプレッサーが無いので軽量・コンパクト・静か。

【デメリット】
 ・ヒーターを使うので、消費電力が大きい。
 ・ヒーターを使うので、室温が上がる。

(3)ハイブリッド方式

コンプレッサー方式とデシカント方式の両機能を備えたモデルです。季節によってモードを使い分けできます。「これで良いじゃん」と思いますが、価格が高め、本体が大きめ、重めという点も注意が必要です。

(4)その他付加機能

最近はいろんな機能がついてますね。空気清浄機能、衣類乾燥機能、カビブロック機能、自動ストップ機能、連続排水機能、冷風機能など。必要なモノを選んでいいと思います。

用途に合わせて選ぶ

メリット、デメリットを考えると、いくつかの要素が浮かび上がってきました。主に「除湿力・環境」「消費電力」「本体サイズ・重さ」「本体価格」「付加機能」の5つです。これをふまえて、いつ、どういう場面で使うんだろう。除湿機に何を求めるんだろう。を考えてみました。

(A)除湿力・環境

使う場面をイメージすると、お風呂場の除湿、洗濯部屋干しの除湿、梅雨・夏場の除湿です。できれば一年中使えるに越したことはありませんが、優先度は低いです。

(B)消費電力

バカにならないので重要です。おおよそで調べてみると、コンプレッサー方式で1時間「5円」。デシカント方式で1時間「15円」。
24時間×30日で計算すると、1か月「3,600円」と「10,800円」です。結構な差が出ますね。電気代をケチって使わなくなってしまっては本末転倒だしなぁ。

(C)本体サイズ・重さ

小さいに越したことはありませんが、度が過ぎなければ気にしません。

(D)本体価格

出し惜しみはしないけど、不要な機能にまでお金を払うつもりはありません。

(E)付加機能

餅は餅屋。という考え方なので、基本的には専門機能が高いモノを選びたい。空気清浄機能とかいらない。冷風とかいらない。衣類乾燥、カビブロック、自動ストップは多少気になるけど、あればうれしい程度です。

選んだのはコンプレッサー方式

ハイブリッドも若干考えましたが、コストメリットを感じなかったので、夏場限定、消費電力の観点でコンプレッサー方式に決定です。さて、あとはメーカーとおまけ程度の付加機能です。例えば、シャープならプラズマクラスターがついてるな。とか。三菱、東芝ならエアコン系の家電強いな。とか。象印なんていうメーカーも出してるのね。とか。このデザインがカワイイな。とか。そんな感じです。

機能が横並びなら、最後は好みです。この辺りからメーカー別比較が始まるので、楽しくなってくるんですよねぇ。

そんな中、私が選んだメーカーはコロナです。買った除湿機はこれです。(すでに古いモデルですけどね。型番:CD-Hi105)

買ってよかった家電の1つ「除湿機」

コロナの家電って買ったことなかったですが、一筋!っていう無骨な感じが良いです。デザインもカワイクないです。いいです。除湿さえしっかりしてくれればね。でも、今現在でも除湿器のランキング1位もコロナの【これ】らしいですよ。ワタクシの目は間違ってなかった。って思えますね。

めっちゃ水溜まりますよ

さて大活躍中のコロナの除湿機。かなり重宝してます。昨日(一日中雨)タイマーで6時間程動かしましたが、こんなに溜まってます。使ってみてわかることなんですけど、すごくないですか?こんなに溜まると思っていませんでした。結果が見えるのも面白いですよね。

洗濯物を部屋干しする際も除湿機かけて、扇風機で送風すると、結構パリッパリに乾きます。短時間で乾くので部屋干しのイヤなにおいもありません。出勤時にも3時間程度タイマーを掛けて出かけます。風呂場の乾燥にも使いたいなと思っていましたが、持ち運びが面倒なので結局は使ってません。

これは買って損は無いと思います。もっと早く買えばよかったと思う程、大活躍してくれていますよ。ジメジメな季節、除湿機の力を借りてカラッと乗り切りましょう。

広告を非表示にする