穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

お風呂のナイロンタオルをやめました

お風呂のナイロンタオルをやめました

物心ついたときからナイロンタオルで体を洗っていました。温泉や銭湯に持っていくのは柔らかいタオルなので、イマイチ洗った気がしないんですよね。やっぱりナイロンタオルでガシガシにこすった方が「洗ったなぁ~」と実感できるわけです。でも色々とデメリットがあるのを知ってやめることにしました。

ナイロンタオルのデメリット

ごしごしと刺激を与え続けると皮膚に黒褐色が沈着する「黒皮症」になるリスクがあるようです。皮膚科の先生もそのような事を言っていました。また刺激になれると、次第に強くゴシゴシして洗いすぎてしまうようです。こすればこするほど「皮脂」を失ってしまうようで、肌の乾燥を促してしまうようです。ワタクシが乾燥肌だったのも、これが1つの原因だったのかもしれませんねぇ。

海綿という存在

しばらく手で洗っていたんですけど、やっぱり洗ってる気がしないんですよね。汚れが落ちてる気がしない。気分の問題だけなのかもしれませんけどね。汚れを落とすために、リラックスするためにお風呂に入っているのに、イマイチすっきりしないんですよ。

 

そんなモヤモヤを抱えながら「乾燥肌」「ナイロンタオル」「改善」といったキーワードでweb回遊していたら、「海綿」というものを見つけました。ワタクシ全然知らなかったんですが、一般的に使われているものなんですかねぇ?こういう奴です。

 謳い文句としては、「天然素材100%の海綿スポンジは、人間の肌の成分と同じアミノ酸でできている。」と、ふむふむ。「だから、皮膚への刺激を大幅に軽減し、素肌に負担をかけずに身体を洗えます。」と、ふむふむ。「さらに皮膚の老廃物を丁寧に洗い落とし、肌組織の活性化を促します。」と、なるほど~。面白そう!ということで、さっそくポチっと購入してみました。

実際に使ってみました

結論、個人的にはかなり良いです!

めっちゃソフトタッチです。ナイロンタオルのようなゴリゴリそぎ落とすような感じではありませんが、手で撫でるよりもしっかり洗っている感はあります。

まずは海綿スポンジにボディソープを付けて泡立てて使ってみました。結論から言うと、この方法はイマイチでした。海綿スポンジは水をものすごく含んでくれるので、水で洗っているような感じなのです。肌触りマイルドです。ただ洗う圧力に注意しないと、含んでいた水がすぐになくなっちゃうので、都度給水させながら洗うことになります。次第に慣れてきますけどね。

現段階で一番いいなぁと思っている使い方は、浴槽内で海綿スポンジを使って身体をこする、という方法。海綿スポンジは水を含みっぱなしなので、ずっと柔らかい状態で洗い続けられます。最近は洗顔も洗顔料を使わずに、お湯+海綿スポンジで洗うようにしていますが、ほとんどカサカサしなくなりました。洗顔料が良くなかったのかなぁ?おかげで泡立てネットも断捨離できて、ニヤリとしています。

この方法、お風呂に最後に入る場合は、そのままお風呂掃除をして上がってしまえばいいんですよね。でも、続けてお風呂に入る家族がいるときは衛生的ではないので、やっぱり海綿スポンジに給水しながら洗うという形がベストになるんでしょうかね?それでもボディソープは要らないんじゃないかなぁ?と思っています。

使い終わった後は海綿スポンジの水をきっちり絞って乾燥させます。お風呂場だと湿気が多いので、洗面所などで乾かすようにしています。

お風呂のナイロンタオルをやめましたお風呂のナイロンタオルをやめました

結論、海綿スポンジGoodです

今回は中くらいのサイズのモノを買いましたけど、大きい方が洗いやすいかもしれませんねぇ。次買うときはもうちょっと大きいサイズのモノを買おうと思います。思い切ってポチっとしましたけど、個人的には良い買い物だったと満足しています。もっといい使い方もありそうなので、楽しみながら試行錯誤してみます。 

広告を非表示にする