穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

初めてウォーキングをしてきました

初めてウォーキングをしてきました

約1時間、ウォーキングをしてきました。だいぶ暖かくなってきて夜風が気持ちいいもんですね。実は自転車やランニングは経験があっても、ウォーキングって今までしたことありませんでした。

 見えなかったものに気付く

自転車に乗り始めて気付いたのが、「あれ?こんなところにこんなお店あったっけ?」ということ。普段何気なく通っている道ですが、車だと気付かない事ってたくさんあるんだなぁと新しい発見がありました。

 

同じことがウォーキングでも言えました。自転車では気付かなかった事にウォーキングだと気付くんですね。「あっ!ケーキ屋さん、なくなってる」とか「こんなところにこんなお店ができてる!」とかね。特に目についたのが公衆電話。もう携帯・スマホが普及していて、もうなくなったんじゃないか?と思っていた公衆電話。今回のウォーキングだけでも3つ見かけましたよ。しぶとく生き残っているもんですねぇ。

年配夫婦が信じられないウォーキング

結構多くの人がウォーキングしてるんですね。1時間の間で10人ほどウォーキングしている人に出会いました。中でもびっくりしたのが年配の夫婦。後から仲睦まじい会話が聞こえてきたのですが、驚くべきはそのスピード。めちゃくちゃ速かったです。ウォーキング歴もかなり長いんでしょうね。継続しているとあのスピードが当然になるんでしょうかね。

最高に気持ちいい、何も考えない時間

ウォーキング慣れしていないので、脚には軽く疲れを感じましたが、とにかく気持ちいいですね。星空を見ながら、夜風に吹かれながら、周りを観察しながら歩く。何も考えずに只々歩く。

 

ヨガをやってる時や、自転車に乗ってる時にもあることですが、この「何も考えない」、淡々と身体を動かす時間っていうのは、人間にとって非常に重要なんじゃないかなぁって思います。

 

気を抜くと何かを考えてしまいますよね。思考があちこち散らばるというか。脳内シミュレーションが始まってしまうというか。身体を動かすことに没頭できるとそれが無くなる時間があるんですよね。運動強度が高いと「きつい、やめたい」と思ってしまいますが、適度な運動強度を淡々と続ける。ワタクシの場合、そうするとたま~に「何も考えない時間」に入ることができます。

 

運動的には大した運動ではありませんでしたが、仕事で大変だったことも忘れる。未来の不安も忘れる。只々歩く。淡々と歩く。ウォーキングでもこんな時間を経験できるんだなぁ。と気付いた有意義な時間でした。定期的に生活に取り入れてみようかなぁ。

広告を非表示にする