穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

2015 Mt.富士ヒルクライムに行ってきました

f:id:nori4639:20150615231320j:plain

2015/6/14 Mt.富士ヒルクライムに参加してきました。めちゃくちゃ楽しかった~♪

 

御存知ないかたは何のこっちゃいな?ですよね。自転車の話です。富士急ハイランドのあたりから伸びている「富士スバルライン」という有料道路を貸し切って、富士山の五合目まで自転車で登るというイベントです。毎年6月に開催されているんです。

 

自転車で山や丘を登ることをヒルクライムっていうんですけど、「Mt.富士ヒルクライム」は国内最大級のヒルクライムのイベントで、今年はなんと8,500名も参加したんですよ。

 登りって苦しいだけじゃん?

一念発起して、2014年のお正月にロードバイクを買いました。こういうやつです。

f:id:nori4639:20150615231048j:plain

今月で1年半になります。ママチャリと違ってスピードは出るし、長距離も楽に走れるので、これすげ~って喜んで乗っていたんです。

 

2014年の3月会社の知り合いと一緒に乗ってもらう機会があって、「今度、富士山登るイベントがあるから一緒に出ようよ。」と誘ってもらったんですよね。

 

それまでは平地ばっかり走ってて、登りは敬遠してたんですよね。だって登りって苦しいですもん。何を好き好んで苦しい思いをしなければいけないんだ?って思ってました。

誘ってもらったのでノリでエントリーしてみた

でも誘っていただいたので、とりあえず1回だけ参加してみよう。ってことで、ノリでエントリーしてみたんですよね。イヤイヤでしたけど、不安なので、3月~6月の間はどうしても意識しちゃって、登りにもちょっとずつ挑戦したんですよね。でもやっぱり苦しいだけ、楽しくないし、ツラいし、何で自転車乗ってるのかわかりませんでした。

 

んで、これが去年参加した時の写真です。

f:id:nori4639:20150615231219j:plain

すごいの一言なんです。あたり一面に自転車。絶景です。半分イヤイヤでしたけど、このときにはテンションが上がってます。

すっごい苦しいけど、最っ高に気持ちいい

めっちゃくちゃ苦しかったんですけど、走り切った達成感といいますか、なんとも言えない高揚感がありまして「気持ちいい~!最っ高!!」って思っちゃったんですよねぇ・・・ドMなんでしょうかね。でも本当に気持ちよかったんです。

90分以内に登り切れば、ブロンズリング

参加賞としてコラムスペーサーという、ハンドルの高さを調整するリングがもらえるんですね。こういうやつです(去年の)。

f:id:nori4639:20150615231936j:plain

 

これは、完走したときのタイムによって、もらえる色が違うんですよ。

 90分以上 ・・・ ブルーリング
 90分未満 ・・・ ブロンズリング
 75分未満 ・・・ シルバーリング
 65分未満 ・・・ ゴールドリング

 

ワタクシの初挑戦は96分台だったので、ブルーリングです。ブロンズまで、あと6分じゃないですか?何かイケそうじゃないですか?こりゃ来年は90分目指すしかないっ!ってことで、今回の挑戦になったわけです。

今年は対策を練りました

1年間、日ごろから走るときも登りを増やしました。また去年の経験を活かして、当日の簡単な作戦を練りました。五合目まで登るんですけどね、二合目までが比較的斜度がきついんですよ。だから二合目までは頑張らない。物足りないなぁぐらいで行くこと。去年は調子に乗ってついつい序盤で飛ばしちゃって後半で失速しましたからね。友人が勢いよく飛び出してもついていかない。ペースを崩さない。あとは時間の目安。三合目で48分。四合目で65分。これだけ。

時間を計り忘れるという失態

あんまりいっぱい覚えられないので「三合目48分。四合目65分」だけを覚えていようと、スタートしてからつぶやいてました「三合目48分。四合目65分」。あれ?一合目の手前で、自分のスタート時の時間を計り忘れたことに気付きました。

 

恥を忍んで、同じぐらいのペースで走ってる人に「すいません。。。スタートしてから何分ぐらいですか?計り忘れちゃって・・・」と息を切らしながら聞きました。「13分半ですよ」丁寧に教えてくれた方、ありがとうございました。

ゴール見えてるのにあと2分

三合目49分。四合目67分と、若干オーバーでしたが、85分でゴール予定のペースなので、このままいけば90分は切れるぞ!という感じ。何とかいけそうだという感じはあったのですが、ゴールが見えてきて、残りは約2分。しかも最後、ちょっと斜度がある。見えてるのに近づかない。このままだとヤバいかも。

 

「ここで頑張らなくて、いつ頑張るよ?」
「今ちょっとだけ振り絞れば、90分切れるよ」
「ここで緩めて90分オーバーだと、これまでの苦労が無駄になるよ」

 

「あ~!きつい。脚緩めたい!」
「もうっ!全然ゴール近づいてこない!」
「これ以上、脚回んない!」

 

こんな自問自答をしながら頑張りました。最後もがきました。「ここで緩めて90分オーバーだと、これまでの苦労が無駄になるよ」が効きました。この90分だけじゃなくて、1年間登ってきた事も報われないと思ったら、最後2分は頑張れる!

89分

息も切れてますし、疲れてるんですが、達成感はハンパないです!ゴールすると、スマホで速報が見られます。休むより先に速報チェックです。やるかやられるかのギリギリの勝負をしたからね。

 

結果「88分59秒」。

 

やりました!ガッツポーズです。「よしっ!」って口に出ちゃいました。目標の90分を切ることができました。1分しか余裕ありませんが、誰が何と言おうと90分は切りました。すべてが報われました。頑張った~!自分を褒めてあげたい!最後、自分に負けずに頑張ってよかった~。

やっぱり富士山は最高です

やっぱり登りは苦しいです。息は切れるし、汗はダラダラだし、よだれも垂れるし(汚い)。でも富士山は最高です。最っ高に気持ちいい!90分も切れて自分に勝てて嬉しい!!

 

去年は誘ってくれた友人と2名でしたが、今年は5名で参加しました。初参加の友人も「達成感がハンパない。来年は90分切る」と去年のワタクシと同じことを言ってました。富士山にはそんな魅力があるんだと思います。

 

レベルはそれぞれありますが、それぞれが自分との戦いです。頑張るのも、脚を緩めるのも自分。選択・決断は自分次第。たまんないですね。最高の景色の中を自分と相談して、自分と戦いながら登る。自分に負けたり、勝ったり。

 

今回は気持ちいい達成感に目標達成という結果もついてきました♪とっても充実した休日、ブロンズリングが届くのも楽しみです。

広告を非表示にする