穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

断捨離と5S

断捨離と5S

断捨離をして色々とモノを処分しました。断捨離は1回で終わりではなく、繰り返し行うことで効果が表れると実感できるようになりました。つまり、これは習慣、運用であると思ったわけです。

 

製造業を中心に「5S」という言葉があります。これが断捨離の運用にぴったりだと思いましたのでご紹介しますね。

5Sとは

片付けの考え方の5つの言葉の頭文字がすべてSなので、5Sと呼ばれています。

 

 (1)整理 … 「いるモノ」と「いらないモノ」に分けて、「いらないモノ」を捨てること。
 (2)整頓 … 「必要なモノ」を「必要なトキ」に「必要なだけ」取り出せるようにすること。
 (3)清掃 … きれいに掃除すること。汚れないようにすること。
 (4)清潔 … 整理、整頓、清掃の状態を維持すること。
 (5)しつけ… 整理、整頓、清掃のルールを守ること。

断捨離ははじめの一歩

断捨離というのはモノを捨てること。だけではなく1つの考え方だと思っていますが、分かりやすくモノを処分する事を断捨離と呼ぶとすると。まさに5Sのはじめの一歩が当てはまりますよね。

 

「モノを全部出して」 → 「いるモノ」と「いらないモノ」に分けて → 「いらないモノ」を捨てる。

 

5Sの(1)整理の事です。モノを片付けるというと、上手く収納するとか、見えない所に隠すことと勘違いしがちですが、それをやってもモノの数は減っていませんし、使わないモノも仕舞ってしまうことになります。そうではなく、「いるモノ」「いらないモノ」を判断し、「いらないモノ」を捨てることがはじめの一歩なんですよね。ワタクシも一時期、モノを綺麗にしまうために収納BOXを新たに買ってきていたこともありました。場合によっては必要ですが、今思えば、ワタクシの場合は本末転倒でした。

ルールを決める

例えば、整理と整頓の場合は、以下のようなルールを決めていきます。

 

 (1)整理  「いる/いらない」の判断基準。
 (2)整頓  「どこに」「なにを」「どれだけ」置くか。

 

ルールの内容は環境や人によって違うので、それぞれで決めればいいです。また最初から厳しいルールにしなくても、徐々に持つモノを減らしていくというようにルール変更していけばいいと思います。ワタクシは恥ずかしながら(2)整頓が完璧にはできないので、「床にモノを置かない」という緩めのルールにしています。

 

ルールが無いと、何をどうしたらよいかという基準が無いので判断ができないのです。自分が心地よいルールを決めていきましょう。

ルールを守る

これが結構大変です。ルールを守れれば、きれいな状態をキープできます。ただしキツいルールを作って、自分自身が疲れてしまったり、逆にストレスが溜まっては逆効果ですので、心地よいルールを決めて、守れるルールを決めたらそこは守っていきましょう。

 

注意するのは「言い訳」「例外」「後回し」です。「今日は疲れてるから」「一瞬だけ置いておこう」「これは思い入れがある服だから今回だけはOKにしよう」「後でやるからいいや」等です。ついつい言ってしまいがちですよね。

 

ワタクシは過去に、「ルールを守れなかったら500円貯金する」なんてルールを作ったこともありますが、結局500円貯金するというルールも守れませんでした(恥)。なので、守れないルールは作らない。作ったルールは守る。これが一番定着すると思います。


断捨離という考え方は、ワタクシにとってとてもいい影響を与えてくれました。ただ、モノの処分は1度で終わるものではありません。繰返し、繰返し行うことで、自分に必要で心地よいモノだけが残っていきます。その過程で、様々な判断基準が身に付いたり、ルールができてくるわけです。モノの処分に限らず、掃除を含め、きれいな環境をキープする事についてもルールができてきます。このルールを守り、定期的にルール変更(締める、緩める)という運用を回していくという事が大事なのではないかと思っています。ゆる~く行きましょう。

広告を非表示にする