穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

食べ過ぎると逆にもったいない

食べ過ぎると逆にもったいない

知人に教えてもらったお店、チャンスがあったので行ってきました。つけ麺屋さんなんですが、メインのつけ麺よりも豚丼が美味しいというお店。

 

お店の入口には順番待ちの記入表。お昼の時間をずらしていったのに、5組ほど並んでいました。そしてお店の中は豚肉を炭火で焼いた香ばしい香りが立ち込めます。うん、ワタクシ好み。これは期待できる。

 

メニューを眺めながら期待に胸が膨らみます。まず、つけ麺。おっ!あつもり無料。いいね。次、オススメセット。つけ麺+豚丼とあります。これだな、知人が言っていたのは。と喜び勇んでオーダーをしました。「ハーフつけ麺+並豚丼」。

料理が出された瞬間、嘘でしょ

ものの数分で「お待たせしました~」と料理が運ばれてきました。そこには、ハーフつけ麺と、さまぁ~ずの大竹なら「嘘でしょ?」って間違いなくいうボリューミーな豚丼が。これ絶対並じゃないよ。お店のサービスかな。

並でした

食べながらメニューに目をやったら、端っこに豚丼の単品メニューが。嘘だと思いましたが、ちゃんと書いてありました。並豚丼「ご飯400g + 豚肉200g」。

キチントさんだった以前のワタクシなら、絶対こんな事なかったのですが、良くも悪くも適当になっていますね。注意力不足でした。

残すのはもったいないなぁと思う

まずは温かいうちにつけ麺を。濃厚なスープにあつもりのつけ麺。かなり美味しい!あつもりだとスープが冷めないまま最後まで食べられるのがいいですね。続いて豚丼に箸をつけます。美味しい!香ばしい!炭火焼って好きなんですよね。ただ、あんまり減っていかない。食べても食べても・・・。

 

両親にはしっかりと躾けられたので、ご飯を残すのは良くない。という思想で生きてきました。まぁ、食べられなかったら残してもいいかなとも思うんですが、やっぱりもったいないなと思い、ついついきれいに平らげてしまいます。

食べ過ぎてもったいない

豚丼「ご飯400g + 豚肉200g」。結構なボリュームです。カレーのココイチの通常ライスが300gですからね。お肉と合わせて単純に倍。それにつけ麺のハーフをすでに食べてますからね。

 

何とか平らげましたが、結構な無理をした完食でした。最後の方は苦行に近かったですよ、ほんと。せっかくおいしい料理だったのに、食べ過ぎて苦しいってもったいないなと、久々に反省。

何事も足りないくらいがちょうどいい

もうちょっと食べたいな。もうちょっとやりたいな。と思うぐらいがちょうどいいんですね。今回はメニューをしっかり見てなかったのと、せっかく来たんだから、小豚丼じゃなくて並豚丼でしっかり食べようという気持ちに負けました。でも今日は晩御飯抜きでもお腹持ちそうだから、これはこれでいいかな。

広告を非表示にする