穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

1日休むと2日分の差がつく

1日休むと2日分の差がつく

コツコツやることが最強なんだろうなぁとワタクシの中で察しはついているのですが、それでもなかなかコツコツ続けるって難しいです。これまでに取り組んだことの中でも三日坊主になっちゃったこともあるし、休み休みだけど続いてるっていう習慣もあります。

 

色んな人から聞いた話を交えて紹介しますね。ブログもコツコツやっていけたらと思っています。

やっぱり「継続は力なり」

トライアスロン(泳ぐ、自転車、マラソン)をやっている知人がいます。「自転車のトレーニングが少ないんだよね。どうしても、すぐできるスイムかランになっちゃう。自転車の時間ってなかなか取れない。」って言っていました。

 

この間もフルマラソンに出場して3時間30分というタイムで悔しがっていました。フルマラソン4時間切りを「サブ4(フォー)」というらしいですが、市民ランナーが目指す1つの目標であり、「サブ4」というと「大したもんだ」と言われるようです。それより30分早いんだから、かなりの実力な訳です。

 

さて、その彼と共通の知人から聞いた話。「彼はマラソン遅かったんだよね。俺より遅かったんだもん。」とのこと。「ほんとコツコツ走っててさ、今では全然追いつけないもんね。」と。コツコツ走って、実力者になった訳です。

 

以前、自転車で彼と一緒に走ったことがあります。その時はワタクシの方が速かったと思っています。でも今、彼は毎朝40kmほど自転車で走っているんですよね。きっと自転車も速くなるだろうから怖いですね。追われる恐怖がワタクシのモチベーションにもなっています。

1日休むと2日分の差がつく

仮定でルールを以下としましょう
  ・初期の実力値100。
  ・1日トレーニングしたら+1される。

今日は100。明日は101、明後日は102。となっていきますよね。ワタクシ、運動が好きなもので、トレーニングについて気付いて驚愕したことがあります。

 

1日トレーニングすると+1。という事は休んだら0だなって思ってたんですけど、筋肉って何もしないと落ちるんですよ。つまり「1日休むと-1される」っていうルールがあったんですよ。

 

そうなると、こういう訳ですよ。

 Aさん  100【トレ】101【トレ】102 ・・・
 Bさん  100【トレ】101【休む】100 ・・・

ね。1日休むと2日分の差がつくんです。お~こわっ!
ちなみに、肉体的なトレーニングは積極的休養といって、回復に専念する日も必要ですけど、そうでない場合、サボると確実に落ちます。泣きたくなるくらい簡単に。

1.01の法則

この法則、聞いたことある方も多いと思います。1日1%の努力・改善を積み重ねれば、1年で大きく差が開くよ。というヤツです。

仮定でルールを以下としましょう
  ・初期の実力値100。
  ・1日努力したら×1.01(1%増)される。
  ・1日サボったら×0.99(1%減)される。

そう、今度は掛け算です。それを1年続けたとすると、結果は。

  100×1.01(365乗) = 3778(切捨)
  100×0.99(365乗) =    2(切捨)

すごいですよね。掛け算だと、より大きな差に見えますね。

休んでもいいからとにかく続けること

ちょっと極端な例を挙げましたが、コツコツ続けることがいかにすごいかということです。ワタクシ個人的には努力は足し算だと思っています。(掛け算だと、自分の努力量も掛け算だから)

 

いずれにしても毎日毎日続けるというのは非常に大変なことです。よっぽどの目標か強い意志が必要だと思います。それを実践できている人は世の中に多くいらっしゃると思いますが、本当に尊敬します。

 

そこまで厳しくなくてもいいと思います。休み休みでもとにかく続ける事。休みなし!って自分を縛る様な義務になってしまうと、好きだったことも嫌いになってしまうかもしれませんしね。やめてしまったらゼロですからね。自分に言い聞かせるためにも楽しみながら続けていきたいと思います。

広告を非表示にする