穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

花粉症が1年で治った!理由を考えてみた

花粉症が1年で治った!理由を考えてみた

数年前に花粉症を発症しました。私の場合とにかく鼻づまり。鼻をかんでも出てこない。ずっと鼻が詰まっている。鼻水というより鼻腔が腫れ上がって塞がってしまうという感じ。

本当につらいです。鼻をかむ。鼻をすする。口呼吸になる。しまいには頭痛も始まり、ひどいときには発熱する。風邪に似てるけど、風邪よりもつらい。という感じです。ひどいと副鼻腔炎になります。

耳鼻科で処方された薬を何種類か飲みましたが、体に合わないと意識が朦朧とします。まさに中川元大臣の朦朧会見。自分で経験すると本当に怖いんですよ。それはさておき、鼻が通る薬でも、今度は鼻の奥から喉にかけてガピガピに乾燥して痛い。とにかく花粉症ってつらいんです。

そんな私ですが、ここ2年間、花粉症を発症していません。ちょっと鼻がむずむずするぐらい。鼻腔が若干腫れてるなぁと感じるぐらい。で済んでいます。今年もマスクもせずに過ごすことができました。

花粉症のツラさを共有していた同僚からは『裏切り者!』と邪険に扱われていますが、『何をしたら治ったの?』と聞かれたので、思い当たる節を考えてみました。

ヨガの呼吸法

約2年前の冬にヨガをはじめました。体は一向に柔らかくなる気配がありませんが、自分の身体と思考と向き合うのはとても貴重な時間です。

詳しいことは分かりませんが、クラスの方の中には、ヴィーガンやマクロビといったように食事にこだわっている方もいるようですが、私は肉も魚も食べます。クラスの中では公表しませんが、アイスとポテチが大好きです。というなので、必ずしも食事というわけでもなさそうです。

1つ思い当たるのは「呼吸」です。これが花粉症改善に貢献しているような気がします。私がお世話になっているスタジオのヨガでは「呼吸」をとても大切にします。基本的には鼻から吸って、鼻から吐きます。いろんな呼吸の種類があって、右の鼻から吸って、左の鼻から吐いたり。お腹をベコベコへこませながら、フンッ!フンッ!と勢いよく鼻で呼吸したり。

意識した呼吸をしていると、鼻の奥まで換気されている感じがします。いろいろな呼吸法をすることで、鼻の粘膜が鍛えられたりするんでしょうか?科学的な根拠はありませんが、私にとって呼吸はいい効果を出している気がします。

ヨーグルト

牛乳とヨーグルトが大好きです。朝ご飯としてフルーツとヨーグルト。晩ご飯後のデザートにヨーグルト。というパターンが多いです。400~500gの大きいヨーグルトありますよね。1種類に固定せず、いろんな種類のモノを食べています。

同僚に話すと引かれるのですが、400~500gのヨーグルトをほぼ1日で1箱食べちゃいます。冷蔵庫には常にストックしてあります。食べ過ぎるのも良くないとは思うのですが、アイスやポテチよりは健康的かな?と思って、ヨーグルトで我慢しているという感じです。

白砂糖をやめた

あちこちで白砂糖は身体に良くない。というのを目にするので、試しに止めてみました。別に料理する際も私はこだわってないので三温糖で平気です。でもはっきり言って、直接効果があるのかどうかは分かりません。

ハチミツが増えた

ちょっと前までヨーグルトには砂糖が付属されていたんですけど、コストカットの煽りか無くなってしまったんですよね。悲しいです。砂糖なしのプレーンでもいいんだけど、ちょっと甘みがあった方が好きなので、いろいろ試しました。ジャム、オリゴ糖メープルシロップ、黒砂糖など。そして、行きついたのがハチミツです。

ハチミツとヨーグルトって意外と合うんですよね。夜はデザート代わりになるので、お菓子の量は確実に減りました。アイスは食べちゃうけどね。

感覚的にはヨガの呼吸法が大きい気がする

花粉症はアレルギーなので、身体が反応して鼻水等で自営しようとするんですよね。そういう意味では、体内に取り入れるヨーグルト、白砂糖中止、ハチミツの方が効果がある様な気がします。でも、非科学的ですが、個人的にはヨガの呼吸法が大きい気がしています。とにかく目を閉じて、感覚を意識しながら呼吸する。なんでしょうか、呼吸の感覚を掴めたことが良い影響を与えているような気がするんですよね。


明確な理由はつかめていませんが、今のところ、思いつくことを書き出してみました。私自身の花粉症が解消されたのは事実です。また思いついたら追記しますね。

広告を非表示にする