穏やかな笑顔でシンプルに暮らす!

シンプルが楽だと気付いちゃった。モノも考え方も。小さく丁寧な暮らしで気付いたことをシェアします。

マイノリティでも大丈夫!

マイノリティでも大丈夫!

仲間内で好きな選択をすると、何かとマイノリティ(少数派意見)になることが多いです。


『お昼、カレーとラーメンどっちがいい?』
 (私)「カレー!」
 (A)『ラーメン』
 (B)『ラーメン』
 (C)『ラーメン』

『んじゃ、ラーメンで』
ぐぬぬぬ・・・仕方ない・・・」


しょっちゅうです(泣)。


結構な確率でマイノリティ。なんででしょうね?

それはいいとして、こんな私でも以前とは変わったことに気づきました。

自分の意見を言えるようになった

それは「カレー!」とビックリマークを付けられるくらい先陣切って自分の意見を言えるようになったこと。


ほんとにたったこれだけのことだけど、私にとっては、かなり大きなこと。


以前の私は、「カレーなんだけど、みんなどうなんだろう?」って思いながら様子をうかがって

 (A)『ラーメン』(えっ!)
 (B)『ラーメン』(マジで?)
 (C)『ラーメン』(だぁ!カレーは断たれた…)
 (私)「ラー …メン」(ほんとはカレーなのに…)

という感じでした。
皆さんも少なからず、経験があるのではないでしょうか。これね、「同調現象」って言うらしいです。

ずっと自分の気持ちを押し殺してきた

私は周りの顔色をうかがって、自分が食べたいモノすら言えなかった。


(心の中で)
「まぁ、ラーメンでもいいしね。」と言い訳したり
「カレーって言って揉めてもね。」と衝突を避けたり
「これが一番楽チンなんだよね。」と面倒臭がったり

自分の本当の気持ちより相手を優先することで、スムースにやり過ごしてきました。まぁ、これはこれで良かったわけです。カレーとラーメンぐらいなら。

実は卑怯なことだと気付いた

例えば、会社員なら仕事でも。

 (A)『私は案1がいいと思います。』(えっ!)
 (B)『私も案1がいいと思います。』(マジで?)
 (私)「私も案・・・1がいいと思います。』(本当は案2!)
 (C)『案2の○○もいいですが、
     案1の△△もいいと思います』(ずるいぞ!)

んで、案1が採用されて失敗。案2でやり直したら成功。「やっぱり、案2じゃんか~」って心の中で思ったり。

今思えば、なんて卑怯なんでしょうね。だったら、堂々と「案2がいい」と言えばいいのです。

ですが、当時の私、こんなことさえ考えてました。
「自分の意見を押し殺して、みんなを優先してあげてるんだ。」
「失敗しても、私の意見じゃないしね。みんなの意見だしね。」


ふぅ。考えてみると、これすごいですよね。

案1で失敗したら「私は、案2だと思ってた」
案1が成功したら「案1って言っておいてよかった」

って言えるんだもん。すごいっていうか、呆れるっていうか。

周りの人に嫌われたくないから

さて、じゃあ何で自分の意見が言えなかったのか。あるとき気付かされました。

それは・・・

 

「周りの人に嫌われたくないから」

 

ほんと、これだけ。


ほんと、これだけなんだけど、気付くまで分からなかった。(当たり前か・・・)

好かれるとか、嫌われるとか全然考えもせずに、これが一番良い方法だと思って、なんとなくやってました。習慣って怖いですね。無意識だもん。

嫌われないから大丈夫

でもね、「カレー」って言ってもいいんですよ。『ねぇ、あの人カレーって言ってるよ。プププッ』って、嫌われますか?嫌わないでしょ?

マイノリティでも大丈夫!っていう理由はこれ。大丈夫です。多分、そんな事では嫌われないから。だから、「カレー」って言ってもいいんですよ。んで、ラーメン派が多い場合、ラーメン食べればいいんですよ。


大事なのは「私はカレーが食べたい」と本心を言うこと。

 

これね、小さなことですけど、大事だと思うんです。私はこれに気付いてから、人生すごい楽になりました。なぜ楽になったかは、また別の機会に。


逆にね、今まで「言えなかった」って事に気付いてから怖いことに気が付くんです。これもまた別の機会に。

怖いですよ、でも勇気を出してみるんです

ぶっちゃけ言うとね、最初は「カレー」って言うの怖いですよ。勇気いりますよ。

でもね、「You 言っちゃいなよ!カレー食べたいって!」

たぶん、「カレー」って言っても嫌われないので。「カレー」って言っただけで嫌われるぐらいならむしろ、その集団から離れましょう。でも、集団から離れるのも怖いんだけどね~。


私も自分で人体実験を繰り返したんです。最初は小さなことからね。だんだん大きなことでも自分の意見言えるようになるんです。そのプロセスもまた別の機会に。


というわけで、まずは「カレー食べたい」って言ってみましょう。きっと大丈夫だから。

広告を非表示にする